ようこそゲストさん

無線部ログ

メッセージ欄

分類 【資料】 で検索

一覧で表示する

2012/01/21(土) 資料

2012/01/21 15:27 資料nakamura
1/20の部会でフォトカプラについて説明したので、もう一回復習として載せときます。

フォトカプラは主にノイズ対策に使います。

kairo2.png

動作は単純で、左側のLEDで電気信号を光に変え、その光を受光素子が受け、再び電気信号に変換します。
右側と左側が完全に電気的に絶縁されているのでノイズが来ても簡単に左から右へ伝達されないため誤動作しません。

間違っているところがあれば訂正お願いします。



最後に追加補充について、

mbed 4つ
ニッパー 2つ
半田ごて 2本
ピンヘッダー 50個

を学務に頼むことにしました。

もし、他に要望あれば1/24までにお願いします。






  
 

1: nv7ch 『図記号についてですが、光を発するので、ダイオードに発光の矢印をつけたほうがいいのかもしれません… http://ja.wikip...』 (2012/01/23 20:14)

2: nakamura 『指摘ありがとう。訂正しました。』 (2012/01/23 23:24)

3: nakamura 『画像を適切なサイズで投稿する方法今度教えて!』 (2012/01/23 23:27)

4: nv7ch 『「サムネイルを貼り付け」にすれば小さく表示できます。 出力される画像サイズを変更しておきました。』 (2012/01/25 16:53)

2011/09/09(金) 赤外線通信について

2011/09/09 14:24 資料chocowa
シャットダウン回路で用いる赤外線通信の方法について簡単にですが載せておこうと思います。

送信部では受信部側に600μsの周期で信号を送ります(この周期は受信部側によって異なるためデータシートを見ること)この信号だけでは受信部側は応答しません。この信号にキャリア波(その辺の信号と区別するためのもの)を乗せて送信します。このキャリア波を13μsの周期(38kHzと考えた場合)で信号を送ります。(これもデータシートを参照)受信部側にHの信号を送る場合は600μs間に13μs毎にHとLを繰り返した信号を乗せて送る。Lを送りたい場合は600μs間Lを送ればいいです。

詳しくは下の図を見てください
hakei.jpg

2011/05/20(金) 発注とか

2011/05/21 1:29 資料javatea
最近部室を占有して汚すだけの疫病神になっているので,自分が持っている役立ちそうな情報をちょっとアウトプットしてみます.
今回は自分で作るのは面倒だったりするものの発注についてです.

基板発注

基板を発注することで
  • コンパクトな基板となる
  • 2.54mmピッチ以外のICやコネクタ,表層部品などを使うことができる
  • 何かイカす
などの利点があります.
海外の業者なのでクレジットカードによる支払いしかできないのが難点ですが,FusionPCBで基板発注をすれば5cm*5cm*10枚で20ドル,10cm*10cm*10枚で40ドルで二層基板を安価に発注することが出来ます.

ちなみに私が使っているMBEという基板CADで設計した場合は
「File」「Export CAM data」「Gerver」として画面を開き「PLS,STC,CMP,SOL,STS,PLS,DRL」の7つにチェックを入れてガーバーファイルを出力.
提出するファイルの拡張子が指定されているので,その後
書き換え前CMPSOLSTCSTSPLCPLSDRD
書き換え後GTLGBLGTSGBSGTOGBOTXT
と拡張子を変更してデータを提出すればOKでした.

発注の手順としては
手順としてはこちらで説明されている通りでした.
1. ショッピングサイトでFusion PCBサービスを購入する
2. オーダー番号がメールで送られてくる(from order@seeedstudio.com)
3. オーダー番号をメールのタイトルに入れて、ガーバーファイルを pcb@seeedstudio.com に送る
4. デザインルールにマッチしていれば4日〜6日で基板が発送される
Fusion PCBに発注。- なんでも作っちゃう、かも。

板発注

きりいた.com
こちらで部室で加工できないような硬い,大きい,厚い板材などを精度よく加工してくれます.
CADで設計したdxfデータを送付して見積もり,その後注文という手順です.

値段はそこそこですが,SUS430というステンレスが思いのほか安いので,重くても強い素材で作りたいなあというものを発注してみたりするといいのかもしれません.
板厚よりも小さな穴をあけることができないのに注意してください.

鉄も扱っているので相撲ロボットの土俵とか注文するといいかも...

機構部品発注

タイミングプーリを使った設計をすると「あれ,どうやってシャフトに固定するの…?」という問題にブチあたります.
そういうときに役に立ってもらえるのが三蔵です.
こちらの会社は一見法人向けなのですが実は個人でも受付をしていて,タップ穴をあけたタイミングプーリを販売してくれるのです.(見積もりページ)

他にも面白そうな伝道系の部品があるので,色々見てみるのもいいかも知れません.


今回はこんなところかな.
もしまた何か思いついたら書きます.

2011/05/20(金) Arduinoについての資料

2011/05/20 21:07 資料nv7ch

Arduino 公式HP

http://www.arduino.cc/

Arduino 日本語リファレンス

http://www.musashinodenpa.com/arduino/ref/

Arduino 開発環境 0022 (2011.05.20時点で最新)

Arduino最新の開発環境は HOME -> Download から導入できます。

>>>> for Windows : http://arduino.googlecode.com/files/arduino-0022.zip

>>>> for MacOS : http://arduino.googlecode.com/files/arduino-0022.dmg

>>>> for Linux : http://arduino.googlecode.com/files/arduino-0022.tgz

>>>> for Linux(x64) : http://arduino.googlecode.com/files/arduino-0022-64-2.tgz